2010年9月20日月曜日

Mask rider (Kamen rider)W_ goseiger_Cosplayer




今週も、goseiger 見ました!護星天使たち、また一段と、たくましくなりましたね~。

で、見ていてふと思ったのですが、

戦闘シーンのカメラワークは、どこか昔の香港映画(カンフー映画)に似ている気がしました。

ひょっとして、goseiger のカメラワークは、香港映画の影響を受けているのかな?

撮影している人たちは、香港映画の手法を取り入れているのでしょうか?

それとも、何も意識せずに、ああいう撮り方をしているのでしょうか?


あくまで、私個人の見解ですが、

戦隊シリーズでは、2007年に「獣拳戦隊 ゲキレンジャー」という、

まさに カンフーをモチーフにしたシリーズがありましたので

(そのせいか、ジャッキー・チェン等を意識したキャラが多数出てきます)、

goseiger は、それ以後の作品ということになりますが、

パクリという意味では決してなく、「撮影ノウハウ」とか「見せ方のテクニック」という意味で、

ゲキレンジャー で得られたものが、今の goseiger にも受け継がれている面が

あるのかもしれませんね。


さて 話は変わり、あるサイトさんで、こんな記事を見つけました。

11月に開催される【APEC】の警備が段々と強化され、検問も増えてきた「みなとみらい」。

そんな厳戒態勢の中、お昼過ぎのパシフィコ横浜前広場に、たくさんの異様な人影が現れたそうです。

「いったい、何が?」と思ったら、どうやら goseiger の撮影ロケだったみたいです。(笑)

多少涼しくなってきたとは言え、日中は まだまだ暑いです。

そんな中での、あのバトルスーツや着ぐるみは、正直たまらんモノがあるでしょう。

本当に お疲れ様です。熱中症には注意してほしいです。


一方、大阪の南港ATCでは、8月下旬に 『ゆかたでゴー!!南港夏まつり!!』 が開催され、

そこでは、Cosplayer さんが暑かった ・・・ じゃなく、熱かったようです。

タダで憧れのキャラクターに会えて、握手や記念撮影までできるなんて、最高っすね~。


その日は、「」や「電王」といった、mask rider (kamen rider)Cosplayer さんたちが

5人ほどいたそうなんですが、

夏休み & 本家 ・ mask rider (kamen rider)のイベントも開催されたという、

まさに「」の相乗効果(笑)で、なかなかの パニック状態だったようです。

goseigerCosplayer さんも、いらしたようで、大変な盛り上がりだったようです。

いいなぁー。私も、行きたかったなぁ。


こういう話を聞きますと、日本の活性化には、Cosplayer さんたちが、

大きな役割を担うのでは?と、思います。

特撮ヒーロー & Cosplayer さんたちが、日本を救う!

てか、救ってほしい!!


1 件のコメント: